宮城仙台の空き家管理に困ったら|空き家管理舎宮城 
ご相談・お見積無料!TEL022-781-67692

空き家の耐震性

木造住宅簡易耐震診断

既存の空き家が崩壊し危険家屋に指定される前に事前にチェックしましょう!!

木造住宅簡易耐震診断

 

診断の手順
(1) 診断する項目はA~Gまで7項目です。(下記を参考にしてください。)
(2) 各項目の説明をよく読んで該当する数値を1つ選んでください。
(3) A×B×C×D×E×F×G=総合評点の式に、A~Gまでの各評点が表示されます。
(4) 総合評点の をクリックすると総合評点が表示されます。
(5)
  ≪木造住宅簡易耐震診断表はこちらから≫



診断項目A 【基礎について】
基礎について 基礎について
鉄筋コンクリート造布基礎
コンクリート造布基礎の中に縦と横方向に鉄筋が入っている基礎
※鉄筋の有無を確認できない時は、無筋コンクリート造とします。

 

診断項目C 【建物の形について】
下記のような建物の形を参考にして、整形か不整形かを判断してください。同じ項目で2つ以上該当するときは、評点の低い数値を選んでください。
1階平面 立面
1階平面 整形
1階平面 不整形
立面 整形
立面 不整形
整形
不整形
整形
不整形

 

診断項目D 【壁の配置について】
診断項目Dでは、建物の一階部分の外壁(下図の太線部分)の一面にある壁の長さや開口部によって判断します。
下記の3種類から選んでください。
※建物の4面のうち、評点がもっとも小さい面を建物の評点とします。
壁の配置について つりあいのよい配置
壁の配置について 外壁の一面に壁が1/5未満
壁の配置について 外壁の一面に壁がない
つりあいのよい配置
外壁の一面に壁が1/5未満
外壁の一面に壁がない(全開口)

 

診断項目E 【筋かいについて】
筋かいについて 診断項目Eでは、壁の中に筋かいがあるかないかによって評点を決めるものです。

※筋かい
左記のように壁の中にある斜材
(注)現状では、壁の中にあるため筋かいがあるかないか判断しにくいと思いますが、工事中に確認した場合や建物のどこかに筋かいがあることを確認した場合は「あり」とし、そうでなければ 「なし」とします。

診断項目F 【壁の割合について】

診断Eでは、下記を参考に自分の家の1階の壁の量を5段階で評価し、評点を定めるものです。
下記の図は、太線は壁の長さと位置を示し、外回りの細線は窓・ドアなどの開口部を、内部の線のない部分は、襖・障子・ドアなど開口部を示しています。
間取りを参考にして、建物のはり間(縦)方向、けた行(横)方向のバランスにも配慮して評価してください。
壁の割合について 4.5畳中心の間取り
壁の割合について 6畳中心の間取り
10畳、12畳中心の間取り
建物内に一列程度の壁しかない
建物内にほとんど壁がない
壁の割合1.8~ 壁の割合1.2~1.8 壁の割合0.8~1.2 壁の割合0.5~0.8 壁の割合~0.5
4.5畳中心の間取り 6畳中心の間取り 10畳、12畳中心の間取り 建物内に一列程度の壁しかない 建物内にほとんど壁がない

CONTACT

宮城県内の空き家・空き地の管理、ご活用ならお任せください!生前、遺品整理、空き家のご売却からご活用、相続問題まで全て当社で解決致します!
お見積り、ご相談無料です。
お気軽にご相談下さい!
022-781-6792
電話受付10:00~18:00

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

 

季節のスポット 

スポット契約開始

 

簡易耐震診断表へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空き家管理舎 宮城

 

空き家・空き地の管理は『愛媛空き家・空き地活用推進協会』- 収益不動産物件情報センターへ

      
アクセスカウンター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP