ホーム空き家問題空き家管理の必要性

空き家管理の必要性

空き家管理はなぜ必要か?

まず、誰も住んでいない状態の空き家を放置しておくと草木は生え、誰も住んでいない状況だとすぐに分かります。そこに危険性な様々な問題が発生する可能性があります。空き家で起こった火災など隣接する住宅に被害が及んだ場合、空き家の所有者に責任と見なされます。自治体では空き家管理条例を制定し、放置の防止・管理状態の改善を促している自治体のケースも多数もあります。

空き家・空き地にしているリスク

①放火による危険性
②不法侵入者によるいたずら
③近隣住民による苦情及び不信感
④災害時による建物倒壊及び火災
⑤家財道具などの盗難
⑥ゴミ等を不法投棄される
⑦動物が住みつき、臭いが脱れなくなってしまう
⑧害虫の生存環境が整い被害も増大化し、著しいのがアリ被害
⑨庭木・草等の繁茂
⑩建物の密閉状態等、湿気等の要因が重なりカビの異常繁殖
⑪水がなくなれば、下水管から悪臭、害虫(蛇や鼠も)が浸入 ⑫水を流さないまま1ヶ月も経つと、排水の匂いが上がり家中臭くなる   ⑬木造の住宅の場合、人が住まなくなると痛みが早い              ⑭木は湿気に弱い為、こまめに空気の入れ替えをしないと、半年経つと歪み が生じ、扉の建て付けが悪くなる。

管理を怠るとあっという間に家の老朽化は進み、その為いざ売却しようとした時には価値も下がっています。

管理を依頼することによるメリット

①建物の老朽化を防ぐことができます

②高齢者のお手入れ負担を防ぐことができます

③空き家を気にせずに日常生活が集中できます。

④隣家に対しての迷惑軽減をすることができます。

⑤地域貢献の面も考えられます。防犯面が向上します。

⑥売却までの維持管理・資産価値向上

ページの先頭へ